株式会社シエン 岩出菌学研究所グループ 059-213-0404 サイトマップ はこちら
 
  商品紹介 会社概要 きのこ情報 ニュースリリース お客様窓口 プライバシーポリシー    
 
トップ > きのこ情報 > 姫マツタケ(岩出101株)
 
 
 
姫マツタケ(岩出101株)
   
 
姫マツタケ(岩出101株)
学名:Agaricus blazei Murrill 和名:ヒメマツタケ
姫マツタケとは岩出菌学研究所が南米ブラジルより
取寄せた種菌をもとに1965(昭和40)年より栽培を始め
1975(昭和50)年に世界で初めて人工栽培に成功した“きのこ”です。
岩出101株とは安全性と有効性の試験を繰返し行い、
岩出菌学研究所により固定種(変異性のない)した菌株です。
岩出菌学研究所の初代所長、岩出亥之助博士は1982(昭和57)年の
日本菌学会の会誌『日菌報』において「ヒメマツタケについて」と題した
論文を発表し、姫(ヒメ)マツタケが正式和名として認められました。
※1987年、「原色日本新菌類図鑑」(保育社)に
 正式和名「ヒメマツタケ」と掲載れました。
これ以降、和名「姫(ヒメ)マツタケ」、
学名「Agaricus blazei Murrill」として学会等に発表されています。
1982年以前の学会には、暫定的に
Agaricus heterosistes Henem et Gooss」として発表していました。
姫マツタケ(岩出101株)は、1980年より2006年までに学会や
学術雑誌に81報に及ぶ学術報告があります。
原料供給
   
  ---------------------------------------------------------------------------------------------------------
   
 
種菌の培養と管理
 
  研究開発   菌舎
姫マツタケ(岩出101株)の種菌は
岩出菌学研究所により培養と管理を
行っています。
 
 
 
 
 
   
  ---------------------------------------------------------------------------------------------------------
   
 
栽培(子実体)
 
  姫マツタケ(岩出101株)   CHYSA
姫マツタケ(岩出101株)の栽培は
南米パラグアイ共和国の
岩出菌学研究所のグループ農場の
CHYSA(イグアスきのこセンター)と
ブラジルの協力農場にて
無農薬・有機栽培しています。
 
 
   
  ---------------------------------------------------------------------------------------------------------
   
 
菌糸体培養
 
  タンク培養   菌糸体
菌糸体はISO対応協力工場により
液体培養し、完全防御により雑菌が
一切入らない状態に保たれたまま
衛生的に培養菌糸体の回収を行います。
 
 
 
 
   
  ---------------------------------------------------------------------------------------------------------
   
 
エビデンス 代表的な安全性試験(下記試験結果はすべて安全性が確認されました)
   
2006年
真空凍結乾燥品(子実体、菌糸体)
試験方法:人臨床試験(二重盲検法)
論文タイトル:「姫マツタケ(岩出101株)凍結乾燥品」の連続摂取における安全性

論文掲載紙:Jpn Pharmacol Ther vol.34 no.1 2006(薬理と治療)

試験者:㈱総合医科学研究所

   
真空凍結乾燥品(子実体)
 
試験方法:
・Thirteen-weeks repeated dose toxicity Study in the rat(ラットに対する13週間経口投与による毒性試験)
・Bacterial reverse mutation test(微生物復帰突然変異試験)
・L5178 mouse lymphoma assay(マウスに対するリンパ腫を用いた変異性試験)
・Micronucleus test in the rat(ラットに対する小核試験)
論文掲載紙:Food and Chemical Toxicology vol.46 2008

試験者:Huntingdon Life Sciences Ltd.(ハンティンドンライフサイエンス社 本社英国)

2005年

顆粒品(EG-Ⅲ)

試験方法「ヒメマツタケ抽出物のラット亜慢性毒性試験」
試験発表:日本食品化学学会 第11回大会
 
論文掲載紙:Food and Chemical Toxicology vol.43 2005
試験者:国立医薬品食品衛生研究所・病理部
   
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
米国FDA(食品医薬品局)の登録
 
2006年
真空凍結乾燥品(子実体抽出物)
2002年
乾燥子実体
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
   
 
 
 
トップ商品紹介会社概要きのこ情報ニュースリリースお客様窓口プライバシーポリシー

(C) 2003 SHIEN.co.,Ltd.